*

煮込みと美味しんぼで有名な岸田屋【月島】

      2017/07/25

誰かのSNSでビジュアルに惚れて、思いつきですぐ向かった岸田屋はネットで調べてみたら超銘店。東京三大煮込みと称されるお店のひとつで美味しんぼ第1巻にも出てきたお店、行きたいソースしか見つからない。これって知らないと恥ずかしい?!今時のビジネス用語のひとつですか!!ってことで行ってきました。

月島月島駅から降りてすぐにある商店街沿いにお店はありました。立ち食いのお肉とウニの「かねます」も近い、むしろこっちの方が存じ上げておりまし・・(勝どきからも歩ける)

モンスト(もんじゃすとりーと)

到着、普段は口開け前から並ぶことが多いようですがすぐ入れました

昭和の窓ガラス復刻版とか最近は売っていますがこれはオリジナル、あたり前w

昭和四年(1929)創業とのこと、セットみたいw 創業時は酒屋説とお汁粉屋さん説あり。1966年には今のお店の居酒屋スタイルに。※1929年はブラックサーズデーの年 10月24日 – ニューヨーク証券取引所で株価が大暴落。世界恐慌の引き金となる。
このまんまコの字カウンター、大将は亡くなられてからは女将さんが切り盛りされている、とっても丁寧な接客でした。

殆どなにも見えない魚拓も

レモンハイ450円 キリン瓶ビール大650円

ねぎありなし聞かれました。

煮込み500円 アルティメイトニコミオブオーディナリー

奥は冷酒 沢の鶴 粋人、手前は常温 澤乃井、常連さんは徳利で新泉330円と菊正宗360円が多いよう

隣に中国からのお客様がきていました古典酒場に興味があるのでしょうか?爆買いから文化への関心はいい傾向、おにぎり大きくて食べきれずテイクアウトしてました。

ぷりぷり煮こごり

隣の人の湯どうふがやたら美味しそうでした、途中くさやのニオイが漂ってきましたがそれもまた乙、銘店の威圧感などなく入りやすいと思います、是非行ってみましょう。

岸田屋 月島
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131302/13002239/

東京都中央区月島3-15-12
東京都中央区月島3-15-12
17:00~21:30(L.O)
定休日:日曜・祝日

 - あやしいグルメレビュー, 新橋/大手町/銀座/日本橋/神田